岐阜県海津市の建築・土木・造園・舗装工事業

お問い合わせ

  1. ホーム
  2. I-Construction

ICT活用事例

(株)伊藤工務店の I-Constructionの取り組み

近年の社会状況を踏まえ、更なる生産性の向上並びに品質確保のため、弊社では建設ICTの活用を積極的に進めており、 最新鋭の機器の導入、社員の教育にも力を入れています。更にBIM/CIMへの取り組みもスタートさせました。 今後も色々な現場で建設ICTの取り組みを進めてまいります。

施工計画書の作成

ICTを活用する施工範囲を決める(起工~出来形管理まで)

起工測量
計測点群データ、TIN(不等三角網)データ
※ 計測機器は、高密度、広範囲に測定が可能なものとする。

空中写真測量(UAV:無人航空機 ドローン)

航空機などを用いて上空から撮影された連続する空中写真を用いて、 対象範囲のステレオモデルの作成や地上の測地座標への変換等を行い、 地形や地物の3次元の座標値を取得する。

3Dレーザースキャナー

計測対象に触れることなく地形や構造の三次元データを取得可能なノンプリズムの計測機器である。 トータルステーション(TS)と同様に、光波測距儀と測角器機を用いて、距離と角度を測定する。 (1秒間に数千~数十万点の情報を取得することが可能である)

起工測量の点群処理データ
3次元設計データの作成

平面線形、縦断線形、横断面状を構成要素とし、面的な補完計算を行ったもの

ICT建機を用いて施工

3次元設計データを施工する建機に搭載(MG:マシンガイダンス、MC:マシンコントロール)

3次元出来形管理
計測点群データ、TIN(不等三角網)データ
※ 起工測量と同様の観測機器が存在するが、精度の規格値が異なってくる。

空中写真測量(UAV:無人航空機 ドローン)

3Dレーザースキャナー

TS(ノンプリ)

出来形管理(評価)

ヒートマップ

3次元設計データと出来形計測データを用いて、各ポイントの標高較差(垂直離れ)を表した分布図である。


BIM/CIMへの取り組み

3次元モデルを活用することにより工事施工個所の全体像を共有し、工事完成までの流れを効率化・高度化を図ることを 目的としたBIM/CIM(Building/Construction Information Modeling/Management)の導入を進めています。